モデルハウス
を見る
お問合せ
資料請求
電話する

スタッフブログ


「夏風邪」とは夏にひく風邪と思っている方が多いのではないでしょうか?

「夏風邪」の原因となるウイルスは、冬に多い「インフルエンザウイルス」等とは違い、症状も異なります。
夏に活動的になるウイルスは、腸や喉の粘膜で増殖するため、発熱に加えて腹痛や下痢、喉の痛みなどが特徴的な症状だそうです。

「夏風邪」の予防のために、手洗いやうがいを心がけ、しっかり睡眠をとりましょう。

また、冷え過ぎも要注意です。ときどきエアコンを止める、長袖や腹巻きを着用する、食事面ではショウガやネギのような体を温める食材をとりいれるなど、体の冷えを防ぐといいそうです。

川畠

関連記事一覧